Backbone Story

ある日、突如上空に出現した『異世界』への門。
探索を命じられた第七艦隊は、第九小隊を派遣する。
――これは、彼ら第九小隊の異世界探索記録である。

Main Character

ナナ
義兄のユンを追いかけて、海軍に入隊する。 年功序列も何のその、先輩でも同期でも全員呼び捨て。 好奇心旺盛で元気はつらつ、第九小隊のマスコット的存在。ただし、料理の腕前は壊滅的。


ユン
ナナの義兄。超無愛想・超堅物・超真面目・超朴念仁・超人嫌い。 人の話をたびたび無視するのは、テレ屋でも内気でもなく、他人との会話が面倒くさいだけ。 性格面だけ見ると社会不適合者のようだが、身体能力は小隊の中で一番優れている。


キース
第九小隊の副リーダー。普段は冷静沈着を装っている。 変なプログラム&装置を作らせたら、プロフェッショナル級。 ナナに対するセクハラ発言が多いが、本人は至って普通のアプローチをしているつもりである。


セーラ
第九小隊の女兵士。童顔だが長身(180cm)、実年齢も二十歳を越えている。 溢れるほどの熱血漢で、軍人にしては軽率なほど猪突猛進な一面もある。 新兵として入隊してきたカネジョーに一目惚れ。以降、ウザイほどの猛烈セクハラアタック開始。


カネジョー
第九小隊の男兵士。ナナよりは先輩でキースよりは後輩。 だが、相手が誰であれ無礼講を貫き通す。言葉遣いも最悪。 一匹狼的な行動を取りたがり、馴れ合いやベタベタした恋愛を極端に嫌う。 小柄(身長150cm)なせいか、セーラには子供扱いされている。


レン
第九小隊の女兵士。ナナと同期。 戦災孤児。片目は家を焼け出された際、暴徒に襲われて失った。 もう片方の目も殆ど視力がないが、積み重ねた努力で常人と同じ動きを体得。 小隊の中で唯一の常識人。皆の非常識に対するツッコミ係と化している。


セツナ
第九小隊に同行する女医。状況に応じて冷静な判断が出来るのは、彼女だけ。 超コミュ不全なユンを心配。キースとは壊滅的に仲が悪い。 医者としてだけではなく、料理の腕前も素晴らしい。
【R18】小説の無断転載は、ご遠慮下さい。