Friend of Friend's

Character

黒鵜戸 藍栖(くろうど・あいす)

本名、クロード=アイステッド。
剣と魔法の世界における村人だったのだが、ある日突然、現代に次元移動してしまう。
でも、なんとなく、飛んだ先の世界に適応している。
本人もよく判らないうちに、近所にある松原高校へ通うことになってしまった。

黒鵜戸の当て字は、本人が考えた。
どうしても「クロード」と友達に名前のほうで呼んで貰う為の、苦肉の策である。

ファンタジー住民だが、特技は皆無。
自給自足能力だけは、ずば抜けている。
でも都心では、さして役に立たない。無駄な才能。

やる気のない性格の割に人見知りしないせいか、友達を作る能力に長けている。
どんな趣味の相手でも、彼の眼には「面白い奴」と映っているらしい。
この世界へ来て、すごく興味を持ったのが電車の存在だった。
そんなわけで、鉄ヲタのトシローとは親友。

響 敏郎(ひびき・としろう)

通称・トシロー。クロードの友達。鉄道オタクで、重度のアニメファン。
クロードが飛ばされてきたアパートの、お隣に住んでいた。

必殺技はポスターソード。でも強度ゼロなので、強くない。
出かける時は、必ずリュックを背負っていく。最強アキバファッション。
弱点は眼鏡。眼鏡がないと、何も見えない。
好きな言葉は友情。嫌いな言葉は努力。
なまけものな部分も、クロードと気があった一因。

栃木 啓祐(とちぎ・けいすけ)

クロードの友達。高校で知りあった。空手部所属。
脳筋、或いは硬派のように見えて、99%下半身直結厨。
年中盛っているピンク煩悩は、主にクロードへ向けられている。
が、全然気づかれていない。

煩悩の塊だけど、空手の腕前は黒帯レベル。
とりあえず、試合中や練習中は真面目。
トシローの次に、クロードの友達になった。

いつかクロードに告白してハァハァな展開に持ち込みたいと考えている。
彼がゲイなのは、友達は勿論、クラスメートも知らない秘密。

酒木 結菜(さかき・ゆいな)

トシローの同人オタク仲間。腐女子。
人前で「オチンチン見せて下さい(*´Д`)/ヽァ/ヽァ」とか
空気の読めない発言を繰り出す、少々困った性格。

二次元だけでは飽きたらず、三次元のヤオイでも萌えている。
腐った意味で、クロードと火浦の仲を応援してくる。
アダナは「肉食系腐女子」(火浦命名)。
気に入ってしまったのか、自ら肉食系腐女子を自称するなど恥も外聞もない。
だが、それでも生態的には女子。

非常にポジティブでアクティブな性格。
叱られてもフラれても、絶対に凹んだりしない。よく言えば、前向き。
学校では、生徒会長を務めている。
腐女子な趣味は、生徒会の後輩達には秘密にしてある。

火浦 俊平(ひうら・しゅんぺい)

17歳にして、社会人。土建業の雇われ人。
仕事の入っていない日には、短期のバイトを入れることも。
両親は既に他界。妹と二人で暮らしている。

なにがどうウマがあったのか、クロードと仲良くなる。
ただし栃木やトシローのことは、格下に見ているような処がチラホラ。
妹を溺愛しており、妹をバカにされるとマジギレする。

趣味はアウトドア&ツーリング。バイクの免許持ち。
最近は仕事が忙しいので、クロードとの雑談が唯一の楽しみになりつつある。

ガテン系職場で働くだけあって、そこそこ真面目で根性もある。
外見で、よく不良扱いされるが、本人は慣れっこ。
見かけに反して、意外とお人好し。
▲ Page Top