Backbone Story

その店は、東京の片隅にひっそりと建っていた。
『何でもご依頼、承ります。報酬は、あなたの言い値で。――何でも屋』

Character

ダグー 主人公
秋葉原の片隅で、なんでも屋を営む男性。
依頼主の言い値で仕事をするのがモットー。プレハブ小屋住まいだが、生活に困っているようにも見えない。
実は彼には秘密があって……?

ランカ お騒がせ居候
ダグーの事務所兼自宅に居候する謎の少女。変わった日本語を話す。
何でも思ったことをはっきり言ってしまう為、繊細な人の心を傷つけることも。
ダグーのことが大好きで、ダグーに接近してくる犬神を敵視している。

根本知佳(ねもと・ちか) 図書室の司書さん
常勝学園で司書をしている女性。若くて仕事熱心なので、生徒達からも人気がある。
緑秋吉は図書館の常連で、彼からはイジメ相談を受けていた。何もしてやれなかった自分に歯がゆさを感じている。

緑秋吉(みどり・あきよし) イジメられっ子
ダグーの処へ迷い込んだ常勝学園の男子生徒。イジメッ子の退治をダグーに依頼する。

犬神死狼(いぬがみ・しろう) 闇ブローカー
新宿で仲介屋を営んでいる青年。普段は物腰柔らかで大人しいが、キレると怖いらしい?
ダグーとは過去の事件で知りあい、次第にダグーへ心を許すように。ランカとは犬猿の仲。

御堂順(みどう・じゅん) 私立探偵
新宿に事務所を構える私立探偵。金が目当てでダグーの依頼を引き受ける。
およそ一般的な水準の探偵からは、かけ離れた行動を取ることで有名。

佐熊九狼(さくま・くろう) 身卸屋
己の体に霊を降ろし、除霊する霊媒師。身卸屋とは佐熊自身が命名した仕事ネーム。
新宿のとあるOLの家に転がり込んで、居候を決め込んでいる。口調は丁寧だが、意外と血気盛ん。

笹川修一(ささがわ・しゅういち) チート野郎
新宿を根城にする自称デザイナー。他にも多種多様な顔を持つらしいが、多くはシークレット扱いである。
性格は自由奔放すぎて、男女ともにドン引きされるレベル。得意技は女装。
ダグーとは別口の依頼で、常勝学園を調べにやってくる。

▲Page Top